「心がとっても優しい」息子

先生方へ

お誕生会どうもありがとうございました。

月日がたつのは本当に早いもので、息子の在園児としてのお誕生日会があと一回しかないのだと思うと、娘の時から長く通わせていただいたのもあっという間だったなあとしみじみとしてしまいます。

まだまだ赤ちゃんだと思っていた息子が意外ときちんと受け答えをしていましたので、少しびっくりした次第です。前の日はポケモンのどれかになろうかなと言っていましたが、やはり大好きな新幹線の運転手でした。一週間ほど前に、娘が聞き出して、(お姉ちゃんなりに心配していたようです。)新幹線を造る人にすれば?と半ば押しつけようとしていたので少し焦りましたが、息子自身の希望が聞けてよかったです。ちなみに娘がそう言った理由は、新幹線になるよりも造る人の方がお金が稼げるのだとかなんとか…現実的でした。(笑)

先日、お帰りの時に、ありさ先生に「S君(息子)のカスタカチカチが面白いんですよ。」と教えていただき、帰って早速やってみました。三拍子のところが本当に面白く、タイミングが全くあっていないのはもちろん、カスタを叩いたあと、右手がひらひらと果てしなく遠のいてゆき、面白すぎてずっと見ていたくなりました。ワルツは娘がピアノでよく弾いているので、どちらかというと馴染んでいるリズムのはずなのですが、息子の自由すぎるワルツにくぎ付けでした。

思い返せば、娘が通わせていただいていた頃は、できることが良いことだと思っていて、子どもらしさがないと言われた時には面食らっていましたが、できないことにいとおしささえ感じる今日この頃です。ありのままを受け入れて子育てを楽しむことができるようになり、本当に良かったと思います。(すみません。まだ失敗もよくありますが…)

それから、バレリーナYちゃんのお母さんからとても嬉しいことを聞きました。Yちゃんいわく、『S君(息子)は心がとっても優しい』のだそうです。心がとっても優しいYちゃんがそう思ってくれているなんて、息子は幸せです。

たまに息子からなに気なく出てくる優しい言葉に驚き、勇気づけられることがあります。なんだか本当に我が子かしらと思える時、こんなに優しい子でいられるのは、幼稚園の先生やお友達の優しさや環境のおかげなのだと感じ、とてもありがたく思います。息子のやさしい心持ちをこれからも大切にしてあげたいと思います。

いつもお帰りの時のありさ先生のお話がとても楽しみです。子供達が楽しんでいる様子が目に浮かびます。先生方、一日一日精一杯子供達に尽くしてくださり本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくおねがいいたします。

 

お花先生、いつも園芸の後に美味しいコーヒーをいただきましてありがとうございます。新しいお庭カフェ、本当に素敵で、少しでもお手伝いできたこと、自慢したくなります。小さなお子さんとお母さんがほっこりする姿を見るのが楽しみです。



 

[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました