自分の育児を振り返る

2学期が始まったらと思ったら、もう冬休み。お手紙が遅くなってしまい申し訳ありません。

2学期初日、幼稚園へ行き、靴を脱いでいる長男を見て、彩子先生が「あら、○○ちゃん、自分で脱いでえらいわね。」と声を掛けている姿を見て、私自身の心がほっこりしたのと同時に、自分で脱いでいることが当たり前になっていたな…夏休みの間に色々なことが当たり前になっていて、目をとめ、声を掛けたりほめたりすることが少なくなっていたかもしれない…と反省した2学期初日でした。

保育見学会では、海さんの子どもたちが椅子を出さずに作りものをする場面を見てはっとさせられました。ゆうた先生が「椅子を出す時間すらもったいない。それくらい集中している。」というようなことをその後に話しており、家でも同じような場面がよくあるな…と思いました。

夕飯を作っている時等、長男が椅子を出さずに色を塗っている際、「椅子に座ってやったら~。」とついつい声を掛けてしまっていたな…その時、一度自分の手を止めてささっと椅子を出してあげればよかったな…と反省させられました。集中してやっているのに私が余計な声を掛けることで一度中断させてしまっていたな…と。

毎月のおたよりや育ての会もそうですが、自分の育児を振り返るきっかけを作って下さることにとても感謝しております。本当にいつもありがとうございます。

最近の長男は、作ることや色を塗ることも好きになって、塗りこみが本当に上手になったな…と感じています。根気強く最後まで自分で塗ることが増え、絵も形になってきたりと、色々な所で成長を感じています。

弟にも譲ることが増えてきて、2人で関わって遊ぶことが少しずつ長くなってきました。もちろん、まだまだ貸せないこともありますが…。それでも心の面でも成長してきているんだな…と実感することがたくさんあります。

冬休み…おたよりを読み返しながらリズムよく、楽しく過ごせたらと思います。2学期もありがとうございました。

運動会や芋掘りの感想が遅くなりました。申し訳ありません。

【運動会】

今年は川さんと一緒ということでどうなるかな…と思っていましたが、オリンピックマーチやリレーと、川さんと一緒に頑張っている長男を見てただただ感動の一言でした。公子先生から、長男が川さんと一緒にやりたいと言っていたことを聞いていたので大丈夫かな…と多少の心配はありましたが、楽しんでいる長男を見ていたらそんな心配はどこかへ吹っとんでいきました。また、半日でしたが、長男にとっても次男にとってもとても丁度よい時間だったなと思います。そろそろ次男が限界かな…と思ったあたりに未入園の子の出番がありそこで気持ちも切り替わったようでその後はまた機嫌よく過ごしていました。

準備から片付けと、いつもありがとうございます。とても楽しく素敵な運動会でした。

【芋掘り】

最後まで歩いていけるかな…と少しの不安はありましたが行きも帰りもしっかりと歩いてえらかったなと思いました。また自分で掘った芋を背負ってきたことも長男は嬉しかったようでした。

昨年は、芋を掘ったらそのまま帰ったので、帰ってから芋を洗ったり干したり、大きい芋をもってみたり…と芋掘りの余韻を楽しんでいました。今年はみんなでお弁当を食べて遊んで芋を食べて…と、昨年とは違った楽しみ方でした‼長男は、私と幼稚園で遊べたことがとても嬉しかったようでした。帰ってからは…昨年のような余韻を楽しむ時間はなく、長男は眠く…でも芋料理は食べたく…と機嫌がよくはなかったので急いで夕飯を作りお風呂に入り…とバタバタで私自身も上手くやってあげられず最後の最後で反省でした。

今年は次男を預けられたので、長男とたくさん遊ぶことができ、とても楽しい時間でした。中々2人で遊ぶことが難しいので私も2人の時間を満喫した1日でした‼

 

[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました